整理がサクサク進む2つのコツ

 

こんにちは。

 

部屋と時間とココロ

全部を上向きにするお片付け

 

大阪/高石市の整理収納アドバイザー

【片付く仕組みクリエイター】佐野ゆかこです。

 

 

片付けの何が大変かって

最初にしなきゃいけない整理が大変ですよね。

モノの1つ1つと向き合って分ける作業は

最初なのに最大の難関!

 

そこで 今日は先週のお客様の事例を

さらに詳しく解説する第1弾!

 

「整理のココが難しい」を突破!

サクサク整理が進む2つのコツ‼

 

というテーマです。

 

整理と収納と片づけの違い

 

そもそも…。

「整理」と「収納」と「片づけ」の違いって

何でしょう?

 

 

簡単に言えばこういう事。

 

整理・・・要不要を分ける

収納・・・使いやすく収める

片づけ・・・決まった場所に戻す

 

そして

整理→収納→片づけ

が正しい行動順になります。

 

先週ご紹介した事例のお客様も

もちろんこの手順で片付けました。

 

 

整理で1番悩んだことは?

 

今回のお客様が1番悩んだのは整理。

その整理の中でも1番悩んだのが…

 

分けたら保留がいっぱいある

ということでした。

 

いる、いらない。

使う、使わない。

好き、好きじゃない。

で厳選して分けたつもりなのに

思っていたよりも保留が多くなったのです。

 

保留が多くて整理したと言えるのかな?と

悩んでしまいました。

 

Before

 

 

整理を進める2つのコツ

 

①保留はあってもいい

 

整理をしていくと迷いは出てきます。

使う・使わないできっぱり分けられないモノって

必ず出てきます。

 

だから「保留」はあっていいんです。

 

でも「保留」の量が1番多くなってはダメ

「保留」はどうしてもの時の最後の手段にしてくださいね。

 

②「今」だけを考える

 

迷ってしまう理由で多いのは

「いつか使うかも?」と「よく使っていた」の2つ。

 

「いつか使うかも」は未来への不安

「よく使っていた」は過去への執着です。

 

でもはどうでしょうか?

整理をする時はどんなものでも

「今」を基準に分けましょう。

 

After

 

 

オンラインでも大丈夫

 

以上、最難関の整理がサクサク進む

2つのコツのご紹介でした。

 

佐野がお宅に訪問しなくても

オンラインでお片づけは進められます。

今回ご紹介のお客様もオンラインのサポートです。

 

オンラインサポートのスゴイところ

 

オンラインサポートでも

お客様ひとりっきりにはいたしません。

佐野がきっちりしっかり伴走します。

 

ひとりでは難しいと思っているなら

佐野と一緒にはじめませんか?