洋服を手放せない人必見!服を手放す5つの基準

こんにちは。

 

お片づけを味方に付けて

家族みんなのごきげんな毎日を!

 

大阪/高石市の整理収納アドバイザー

佐野裕香子です。

 

朝晩少しずつ涼しくなってきたし

そろそろ衣替えの時期ですね。

 

タンスやクローゼットに

「また着るかも?」と思って

置いている服ありませんか?

 

その置いたままの服

存在価値は無いに等しいよー。

 

洋服を手放す5つの基準

 

そうは言っても選べないから困ってる!

そう、判断基準がわからないんですよね。

 

私が洋服を手放す基準は次の5つ。

 

①痛みや汚れの激しいもの

②サイズの合わないもの

③1年以上着ていないもの

④着心地のよくないもの

⑤それを着ている時、誰にも会いたくないもの

 

どうやって判断するかの参考にしてくださいね。

 

洋服

 

①痛みや汚れの激しいもの

お金をかけてクリーニングに出す?

毛玉取り機で毛玉取る?

そこまでしてまた着たいかな?

 

お金や手間をかけてまで着たいなら残す

そうじゃないなら手放します。

 

②サイズの合わないもの

激しく太ったりやせたりしてなくても

体型って少しずつ変わりません?

 

元の体型に戻ることはまぁないので

サイズが合わなくなったら

潔く手放します

 

③1年以上着てないもの

他の手持ちの服と合わなかったのか

流行色が強かったのか

同じような服があって出番がなかったのか…

 

1年以上着ていなかったら

来年以降も着ないです。

 

そもそもそこにあること覚えてた?

 

④着心地のよくないもの

生地の素材感とか

伸縮性とか

タグの位置とか

 

着てみたら着心地がよくなかったものは

この先もきっと手が伸びないもの。

これも手放し対象です。

 

それを着ている時、誰にも会いたくないもの

誰かに会って恥ずかしいなら

外に出られない服ですよね。

 

それってカテゴリーが”服”なだけで

もはやお風呂上がりのバスタオルと同じ。

 

恥ずかしい服はサッサと手放しましょう。

 

クローゼット

 

5つのどれかに当てはまったら

それは無くても大丈夫な洋服。

 

無くてもいい服を手放して

お気に入りだけのクローゼットに衣替え。

気持ちもスッキリさせちゃいましょ♪

 

毎朝の服選びがラクで楽しくなりますよ。

クローゼット
最新情報をチェックしよう!